関門海峡の地図

本州と九州を隔てる狭い海は関門海峡や早鞆の瀬戸とか呼ばれています。 現在はこの横断に、高速道路の関門橋、鉄道は新幹線と在来線のトンネル、それに関門国道トンネルと呼ばれる 国道2号線のトンネルの4本で結ばれています。関門国道トンネルは階層構造で人が歩ける歩道が設置されていますので、みもすそ川 公園に車を止めて九州までの散歩ができます。海流が東と西向きに1日4回変わりますので、船用に海流の方向、速度、増減の傾向を 表示する大きな信号があります。

唐戸のウッドデッキより関門橋をのぞむ

ここは観光客が一番集まる場所です。海からの潮風を浴びながら東を向くと関門海峡が目の前に広がります。休日には ここで観光客が海を眺めながら、隣の唐戸市場で買った新鮮な魚ののったにぎり寿司などを頬張る風景がみられます。 潮風にあたりながらのんびりと散歩するのもいいものです。

朱色に輝く赤間神宮の水天門

約800年ほど前、源平の壇ノ浦の戦いで二位の尼と共に海に沈んだ安徳天皇を祀ってあります。 宮内庁管理の陵があります。二位尼による辞世 「今ぞ知る みもすそ川の 御ながれ 波の下にも みやこありとは」 ・・・と平家物語を思い出すことでしょう。水の下の都は我々にとって竜宮城です。他には平家一門の墓があります。関門橋の 橋脚部にみもすそ川公園がありここに壇ノ浦古戦場の碑があり、八艘跳びの義経像があり、歩行者用トンネルのエレベーター口があります。

火の山よりの関門海峡の夜景

関門橋のすぐ東側に山があります。これが火の山です。ここからは関門海峡が一望できます。 本州と九州の間がこんなに狭いのかと誰もが驚きます。昼間の展望は勿論、日暮れに響灘に沈む夕日、 夜景も綺麗です。この写真では右が下関、左が門司です。上が小倉の市街地、響灘方面となります。 季節によっては海峡に霧がたちこめ橋頭だけが見える状況もあるようです。

海響館より唐戸市場と関門橋を望む

関門海峡の連絡船はここ唐戸の桟橋から出向します。門司港まで約5分です。それに武蔵と小次郎の巌流島への観光船が出ています。 ここはかって唐の国への門戸であったためこのような名になっているとか。 ここにはペンギンのいる水族館(海響館)、唐戸魚市場、観光商業施設のカモンワーフがあります。 このあたりもボードウークを楽しみながらのんびり散歩できます。ほら丁度今、門司からの連絡船が着きました。

ふぐのモニュメント

この地方の冬の味は何と言ってもふぐ料理(地元ではふく(福)と呼びます)。日清講和条約の締結の場所であり、伊藤博文が最初に食べた高級料亭もありますが、少しだけの味見なら唐戸市場やカモンワーフのレストランなどで 味わう事もできます。冬にはクール宅配便でふぐ刺しを送る事が出来ます。ふぐは西の彦島地区にある南風泊のふぐ専用の市場で ふくろ競りという独自の方法で行われるようです。海に囲まれていますので全てが新鮮ですが、特に響灘の新鮮なブリもお勧めです。

2022年1月26日水曜日

赤間神宮から唐戸へ

ここ暫く寒くて天気が悪かったりしたので殆ど出掛けなかった。5日が寒の入りで20日が大寒で、節分までが寒さのピーク。早く春になって欲しいものだ。知っている人で靴下も履かず、裸足のサンダルで歩いている人がいる。いつも足先の冷えを気にしている自分には、そんな元気を貰いたいものだと思う。節分までもうひと頑張り。
それでも今朝は元気を出して久しぶりの散歩。壇ノ浦、赤間神宮、唐戸コースだがちょっと汗をかいた。
1月初めに見た赤間神宮東側の大連神社の寒桜も、今はもっと花が多く咲いていた。一部は終わって赤いガクだけになっているが新しい花も咲きだしていた。
滅多に撮らないのだが赤間神宮の入り口にある壁画を真似た絵。これは幼帝の入水のエピソードの絵。
唐戸市場から唐戸桟橋に向かったら1号桟橋の上では何か工事が行われていた。前回は大きなクレーン船がいたが今回は桟橋表面の舗装か塗装のようだった。全体的にどんな工事かわからないが3月には完了すると予定表には書いてあった。
壇ノ浦港の定点画像。午前中は霞んだようなこんな天気で、午後は少し晴れ間が広がった。やはり午前中は天気が悪い。
亀山八幡宮の節分の行事の予定が掲示板に書かれていた。また凧揚げ大会があるらしい。ふぐの連凧が上がるなら行って見たい。

2022年1月15日土曜日

亀山八幡宮でどんど焼

寒く冷たい日が続く、一昨日は家から出なかった。昨日の朝が一番厳しかった。足の指の冷たさが一番いやだ。血行を良くしようとしているのだがうまく行かない。20日の大寒、そして節分までとしばらく我慢の日々が続く。

今日15日は小正月、昔の成人式と言う方が解りやすいかもしれない。今日は正月の飾りやお札を亀山八幡宮に持って行ってどんど焼で焚き上げてもらった。

焚き上げの場所は境内の東側。画像は荷物のチェックのため順番待ちの列。10時過ぎに出掛けた時は10人位の待ち行列であった。事前に持ち込みについての注意事項があったのにも関わらず、みかん、橙を付けたままのもの。しめ縄に針金で結んであるものを持ち込む人が多く、一人一人荷物を拡げてチェックとなり時間がかかっていた。余分なものは持ち帰り、入れて持って行った紙袋、ビニール袋もお持ち帰りの徹底ぶり。
正月飾り、お札等のみここに入れて炊き上げ。境内に急遽このような焚き上げ場所を作るのは大変だ。
唐戸の港に立ち寄ると門司港への連絡船の乗り場に大きな工事用の船があった。クレーン船みたいだ。
近寄ると1号桟橋(通常の門司港、巌流島行き)が3月まで補修とのこと。連絡船は2号桟橋に変更して使用中。
海響館前より関門橋。今日はこんな天気。いつもの壇ノ浦へは出掛けなかった。

2022年1月8日土曜日

寒桜

 今日も冬にしては暖かな日差し。日が当たる部屋では20℃を越していた。元旦以降あまり天気がよくて暖かすぎる日が多いので心配するほど。昼前に壇ノ浦、赤間神宮、唐戸市場方面へウオーキング。冬支度の服装では内部が汗ばまむほどだった。それに比べて山口もコロナの発生が多くなりこちらは寒い話。今続けている施設での運動も、今後は閉鎖されて休まなければいけないだろう。

赤間神宮東側の大連神社入り口では寒桜が咲き始めた。これだけではそれほどの華やかさはないが桜と言う名で喜んでいる。
寒桜事態はこんな感じで花の蕾も増えている。
暖かかったので唐戸市場の南側のウッドデッキも観光客でこんな人だかり。内部も大勢の人が買い物をしていた。
赤間神宮。
壇ノ浦の船溜まりの定点画像。これからもわかるように青空で白い雲もない冬の晴天。こんなことは滅多にないだろう。

2022年1月3日月曜日

今年初めて和布刈神社へ

今年のお正月はいつになく晴れ上がって平穏なお正月となった。我が家も殆ど変わらず、元日に赤間神宮と亀山八幡宮に初詣に行ったのみ。2日は何もせず、今日3日はいつものウオーキングのペースでトンネルを歩いて九州側の和布刈神社へ。トンネル内は帰省した人とその家族連れで多かった。

今日も良い天気。
和布刈神社では参詣者が神社入り口まで列を作っていたが、列の整理をしていないだけで2列程度の並びで長くなっていただけ。一方駐車場待ちの車列はノーフォーク広場上の坂道近くまで延びていた。一方本州側は赤間神宮駐車場への車列が壇ノ浦の交差点まで延びていた。
ノーフォーク広場よりの関門橋の画像。
壇ノ浦漁港のいつもの定点画像。

いよいよ明日からは通常の日々となる。