関門海峡の地図

本州と九州を隔てる狭い海は関門海峡や早鞆の瀬戸とか呼ばれています。 現在はこの横断に、高速道路の関門橋、鉄道は新幹線と在来線のトンネル、それに関門国道トンネルと呼ばれる 国道2号線のトンネルの4本で結ばれています。関門国道トンネルは階層構造で人が歩ける歩道が設置されていますので、みもすそ川 公園に車を止めて九州までの散歩ができます。海流が東と西向きに1日4回変わりますので、船用に海流の方向、速度、増減の傾向を 表示する大きな信号があります。

唐戸のウッドデッキより関門橋をのぞむ

ここは観光客が一番集まる場所です。海からの潮風を浴びながら東を向くと関門海峡が目の前に広がります。休日には ここで観光客が海を眺めながら、隣の唐戸市場で買った新鮮な魚ののったにぎり寿司などを頬張る風景がみられます。 潮風にあたりながらのんびりと散歩するのもいいものです。

朱色に輝く赤間神宮の水天門

約800年ほど前、源平の壇ノ浦の戦いで二位の尼と共に海に沈んだ安徳天皇を祀ってあります。 宮内庁管理の陵があります。二位尼による辞世 「今ぞ知る みもすそ川の 御ながれ 波の下にも みやこありとは」 ・・・と平家物語を思い出すことでしょう。水の下の都は我々にとって竜宮城です。他には平家一門の墓があります。関門橋の 橋脚部にみもすそ川公園がありここに壇ノ浦古戦場の碑があり、八艘跳びの義経像があり、歩行者用トンネルのエレベーター口があります。

火の山よりの関門海峡の夜景

関門橋のすぐ東側に山があります。これが火の山です。ここからは関門海峡が一望できます。 本州と九州の間がこんなに狭いのかと誰もが驚きます。昼間の展望は勿論、日暮れに響灘に沈む夕日、 夜景も綺麗です。この写真では右が下関、左が門司です。上が小倉の市街地、響灘方面となります。 季節によっては海峡に霧がたちこめ橋頭だけが見える状況もあるようです。

海響館より唐戸市場と関門橋を望む

関門海峡の連絡船はここ唐戸の桟橋から出向します。門司港まで約5分です。それに武蔵と小次郎の巌流島への観光船が出ています。 ここはかって唐の国への門戸であったためこのような名になっているとか。 ここにはペンギンのいる水族館(海響館)、唐戸魚市場、観光商業施設のカモンワーフがあります。 このあたりもボードウークを楽しみながらのんびり散歩できます。ほら丁度今、門司からの連絡船が着きました。

ふぐのモニュメント

この地方の冬の味は何と言ってもふぐ料理(地元ではふく(福)と呼びます)。日清講和条約の締結の場所であり、伊藤博文が最初に食べた高級料亭もありますが、少しだけの味見なら唐戸市場やカモンワーフのレストランなどで 味わう事もできます。冬にはクール宅配便でふぐ刺しを送る事が出来ます。ふぐは西の彦島地区にある南風泊のふぐ専用の市場で ふくろ競りという独自の方法で行われるようです。海に囲まれていますので全てが新鮮ですが、特に響灘の新鮮なブリもお勧めです。

2022年10月2日日曜日

J2レノファ山口勝ちきれぬ

今日は当地で年に1回のレノファの試合。チケットはセブンチケットで事前購入したが、今回の誤算はいつものゴール裏の席は売り切れていた。アウエイはちょっと気になり、メインスタンドの角を購入。ボールを蹴った時の音が聞こえないことが残念。現地に行ってみればゴール裏はすこし余裕があるように見えた。声出しが許されていたので声の少なそうな所に行ったが、今度はアナウンサーの声が聞こえすぎるスピーカーの近くだった。静かに見たかったのでちょっと残念。

試合はレノファがリードして同点にされ、再度リードして最後は後半のアディショナルタイムに同点にされて終了。後半はずっと相手ペースでレノファの時間がなくて残念だった。この画像はバックスタンドのゴール裏席。
こちらは試合前の表の売店に並ぶ人の列。
更新予定の体育館側。
試合開始の整列。
ハーフタイムには海上自衛隊 小月教育航空隊のドリルが披露された。
スタンドから撮影の画像。小さなカメラで劣化の少ない最大のデジタルズームのJPG画像。
小さなカメラにしては良く撮れている。
ゴール前。
コーナキック。

天気が良かったので半袖Tシャツ、ハーフパンツで出かけ、場所が日当たりの席を選んだので思っていた以上に日焼けした。3時間以上だから当たり前だが腕時計の跡が白くなりすぎてびっくりしている。

2022年9月29日木曜日

今日の関門橋

先週は台風で静岡地区に豪雨があった。家族には確認して大丈夫の連絡を受けたが、清水では飲料水の断水でかなりの不便をこうむっているらしい。清水の友人に励ましの電話でもしたいのだが、ちょっと気になってそのまま。いつも連絡しない人間から急な電話も迷惑と考えて、気を遣う。
今日は午後から晴れ上がり秋晴れの良い天気になった。近頃出かけるのが木曜日か日曜日になってしまった。
今日の晴れ渡った関門橋。空模様を見て秋の雲が出ていたので壇ノ浦PAに上がったのだが着いたら秋の雲が消えて夏の雲が出ていた。
東に見えるこの雲の塊が西に。
帰りに写したいつもの壇ノ浦の定点では左側がこのように。
実は高速壇ノ浦PAに上がる道はこんなに急斜面。歩くだけでも途中で何回も立ち止まり、心拍数も130を超える。この道路はPAの売店に商品を卸す車や、PA内の宿泊施設に宿泊する客も利用できる。しかし道路は高速に出られないように完全に分離されている。
途中ちょっと道をそれて小学校に向かってコンクリートの壁絵を見に出かけた。これは高圧洗浄水で汚れたコンクリートの表面を洗い流して絵にしたもの。これらがアートとして評価されている。ちょっと電線の影が入ったり光の具合が悪かった。彦島あたりにも同じような絵があるようだ。
こちらは今朝、銀行へ行った時途中で見つけたもの。山陽道の起点は亀山八幡宮あたりかと思っていたらずっと西だった。唐戸の山銀資料館の西の永福寺入り口にある、2015年設置とのこと。明確に「起終点跡」だったらわかりやすかったのに。最初、起点から1里離れた一里塚かと思った。


次の日曜日に当地でレノファのホーム試合が開催される。先週は6点も入れたし期待が持てそう。年に1回のJ2の試合だから当然応援に出かける予定。

2022年9月22日木曜日

今日のウオーキングは関門海峡をぐるっと1周

今朝は晴れたが、すぐに曇りの1日となった。それでも気温が上がらなかったので午後、壇ノ浦から和布刈、門司港駅へとウオーキング。今日は同じ道をそのまま戻るつもりがなかったので、帰りの連絡船の運賃¥400を持って出かけた。半袖Tシャツ、ハーフパンツの夏スタイルでのウオーキングは多分これが最後。

久しぶりの門司港駅。いつ見てもきれいだ。
門司港駅の改札からホームを見る。この先に明日から開通する西九州新幹線がつながる。乗りたい気持ちはあるが、私自身はまだ博多から先の鹿児島方面の九州新幹線も乗ったことがない。東行きの山陽新幹線もコロナ禍でずっと出かけていない。
いつも気になっているのが門司港レトロのショッピングの建物。茶色の側面と壁面はクリーム色で上部が青色の配色の良さ。
帰りに連絡船の船着き場着いたら丁度ブルーウィングが開いたところだった。プレミアホテル門司港の色も上のショッピングと同じ配色だ。
和布刈りから門司港駅への途中の海辺には彼岸花が咲いていた。ほぼ終わりかけなのに根元からいっぱい花芽が伸びていた。
こちらは白色。
黄色も。これら赤以外の白や黄色は彼岸花(赤色、日本固有のもの)の園芸種でリコリスと言われているそうだ。
いつものお花畑でエノコログサ。
出かけた時の定点画像。今日の天気は少し青空も見えたが西は雲ばかり。週末はまた台風が発生するようだが四国から東の太平洋側で当地にはあまり影響なさそう。

2022年9月21日水曜日

台風14号が過ぎて

大型で強力な台風14号は19日朝、当地の頭上を通過していった。進路予想図で右折するな、右折するなと願っていたのだが福岡より右折。幸い大きな被害はなくて一安心。それでも前日には強風が吹き荒れた。19日朝9時ころ急に雨と風が止み、表に出ようかと思ったほど。だがしばらくして吹き戻しが始まり台風の目の中心だったことを確認する。
過ぎ去れば、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り急に気温が下がった。
今日21日は朝早くから墓掃除と彼岸のお墓参り。山の墓はイノシシが穴を掘り、台風の影響で小枝と飛ばされた葉が散っていた。終わってから久しぶりに功山寺山門へ。青モミジがきれいだった。
しかし残念ながら足元には台風の置き土産、小枝と飛ばされた葉。一部掃除して集められてもいたが敷地が広いから大変だ。
それでも季節は秋、墓地のそばの手入れされていない栗の木には大きなイガが。一部口が開いて落ちていたが栗の実は少し小さめ。
午後の空の様子。台風が過ぎてから急に気温が下がり、半袖、半ズボンも終わりとなって久しぶりに長袖の季節となった。

まだ1回/週の病院通いが少し続く。今回、加入医療保険での手術に該当したので申請したら大きな金額が支払われた。申請もWEBで行い、明細書類は写真に撮って画像として送信。困ったことは正常に受け付けました、手続き中です等の状況がわからなかったこと。
今までそれなりに健康でいたからお世話にならなかったが、保険のありがたみを感じる。がん保険にも加入しているが、こちらはお世話もなりたくない。

今まで週4回 2時間やっていた体育館での卓球もしばらく休むとの連絡。春くらいに復旧できればいいのだが。