2014年5月3日土曜日

今日の関門海峡は先帝祭、海峡まつり  写真8枚

今日5月3日、五月晴れの下、海峡まつりが行われた。これは当地の海峡花火大会と並ぶメインイベントである。連休でもあり観光客が多い。午前中カメラを持って唐戸で源平武者行列の勝鬨を聞き、上臈道中、八丁浜総踊りを写す。自宅で昼食後、赤間神宮とメイン会場へと向かう。

プログラムを見ると源平まつり、先帝祭、八丁浜総踊りの3つのイベントに分けられるようだ。
明日4日は巌流島フェスティバル、これは武蔵小次郎の決闘再現の寸劇。


赤間神宮では海峡で亡くなった安徳帝を偲び上臈参拝。今年は階段の上にはあがらず、水天門から本殿への架橋(天橋)の横から撮る。5人の太夫がそれぞれ禿(かむろ)、稚児、官女、警護を従えて順に参拝。一組が約20分。


本殿参拝の後はメイン会場で太夫5人が揃って外八文字を披露。青空の下、カラフルで豪華な衣装、バックは関門海峡の海と青空。


太夫の写真を撮るなら5人が一堂に揃うこのメイン会場が一番撮りやすい。それに早くから行けば最前列の椅子が確保できる。遅く行った私は地面にそのまま座り立ち上がれないほどになった。


海峡では源平船合戦のパレード。いつもは人の少ない唐戸市場の横のウッドデッキは人の波。
この沖合いを紅白ののぼりをたてた船が走る。


御座舟には安徳帝、二位の尼が乗る。


メイン会場の舞台ではミュージカル仕立ての「源平ドラマページェント」が披露された。これは地元のミュージカルグループの作で、秋に赤間神宮で開催される「源平NIGHT in 赤間」と同じ。
今回は安徳帝と耳なし芳一の話まで。私は涙もろいから安徳帝のナレーションで堪えられなくなってしまう。
この後、歌手「森昌子」の新曲「おいらん」のキャンペーンで本人がこの曲の他、悲しみ本線日本海等を歌う。


源平武者行列の様子。知盛、義経、弁慶ら知った名前があり、のぼりもある。この写真は源氏方。


カモンワーフ前のウッドデッキでは八丁浜総踊りが開かれた。この写真は出番前に唐戸市場の前に集合。はじめ総踊りの意味がわからなかったが各連が1箇所にまとまって踊ることらしい。夏の平家踊り総踊りも同じだろう。

0 コメント:

コメントを投稿

Googleアカウントをお持ちでない方は名前/URLを選択してください。名前はハンドルネームで可、URLなければ不要です。